音楽療法 QLE ロゴ

音楽療法
since 1998


リクルートBEING 1.30
健康管理士の店で安心!
Contact 連絡先

   買物かごの中を見る  

リラックス風景 カナダ

 m(^_^)m   癒しと脳活性のお店です。 脳波を替えて人生を変える! 気分爽快 頭も早回
(極秘) 音楽療法 極意を今だけ無償伝授。(一部有料) 音楽療法QLEだけの特典です!
 安心安全 送料無料(本州・四国) Free Shipping!

会社概要

マスコミ掲載

サイトマップ

個人情報

トラブルQ&A

音楽療法

English

買物かご中を見る

ご購入方法

納期 返品

音楽 試聴

お客様の声

選び方

店内検索

特定商取法

QLE SSL

ストレス対処
リラックスCD
ストレスのお話1 ストレスのお話2 こわいストレス病 ストレス概要 ストレス対処に ストレスMGT ストレス疲労
運動 食事 音楽療法 三位一体 ストレスとがん 音楽療法は自然科学 理論的背景
慢性疲労 ストレス疲労 不定愁訴 更年期障害 心臓 ガン 肥満 ダイエット 記憶障害 ADD

ψ あなたは自分のミスに気づいていないかもしれません!      脱ストレスは十分でしょうか?  気分爽快 頭も早回でしょうか?

使用前 ストレス 危険です
使用前 ストレス

音楽療法で笑顔
使用中 快感

ストレスとガンの関係

音楽療法 QLE.co.jp

◎ストレスがガンを誘発していると思います。 ゆえに、ガン予防はストレス対処から!


ガンの原因は、細胞の"炎症"と損傷の際の"突然変異"です。

1.繰り返し炎症を起こしそれがテロメア分割の限度を超えた場合に、突然変異してガン細胞が発生します。(南雲医師)

2.細胞が損傷しても自爆因子のP53を使用せずに、突然変異して生きながらえる。(ディーパック・チョップラ医師)



A1. 瞑想をお勧めします。

「瞑想は、テロメアを補充する重要な酵素のテロメラーゼの増加を導くことができる。」(2010年のカリフォルニア大UC DavisとSan Franciscoの研究)(Super Brain,2012)

「モーツァルト効果」の著者ドン・キャンベルも「自分の脳内の小さな腫瘍を瞑想時にマクロファージが食べつくすイメージを繰り返すことで、その腫瘍がなくなった。」と書いています。



A2. 「最近は、音楽療法が注目されています。音楽を聴いたり、楽器を弾いたりすることによってストレスは解消されます。

・・・多量の痛み止めを必要とするがん患者の痛みが、音楽を聴くことでやわらいだとか、自閉症の子どもの心をひらかせたとか、さまざまな果を耳にします。

睡眠薬を飲まないと眠れない人が、音楽の果でぐっすり眠れるようになったという例はよくあります。」(「生きるのが楽しくなる15の習慣」、 214ページ、日野原重明医師、2010)


「広義の音楽療法の適用範囲は、片頭痛から”がん”にいたるトウ痛の緩和、学習障害、分裂病を含む精神疾患、アルコールなどの薬物嗜癖、ストレスリダクション、病院における出産と外科手術、集中治療室患者、また従来の心理療法の補助としてなど、大きな広がりをみせている。」(「音はなぜ癒すのか」、128ページ、ミッチェル・ゲイナー(医師)著、無名舎)

「音には生理機能すべてのレベルに働きかけ、そのアンバランスを調整する作用があるので、事実上、どんな症状や病気にも有効だと考えられる。」(34ページ)

米国がん治療の名医が、音による統合医療で驚異的な成果をあげている!
(「音はなぜ癒すのか?」、ミッチェル・ゲイナー(医師)著、無名舎)



もしあなたがガンになったのであれば、それは自然界の摂理に反したあなたのせいです。(私見です。)

自然界の摂理に従い、暴飲・暴食、過労、寝不足、運動不足、無理・無茶をやめましょう。


つまり、自分がミスを犯さなければ(自然界の摂理に反しなければ)、(テロメア分割の限界が120歳)百歳ぐらいまではガンにならないはずです。

ガン細胞は自分の細胞であり、自ら創り出したもので、ガン細胞は毎日できています。

マクロファージ、NK細胞などの免疫細胞が十分機能しないから、がん細胞が増殖してしまうのです。

ストレスでゆうつ顔
使用前 不快

ヘッドフォーンで聞く音楽療法で笑顔 ! リラックス リラックス  ワァオ〜
使用後 笑顔

論点は下記の2点です。

1.現状の医療ではガン予防にはならない。

2.再発を防ぐにはガン予防が必要。


1.「現状の医療では、ガンになったら治療しましょう。」(事が起こってから対処しましょう。)ということですね。

つまり、ガンにならなければ何もしない=予防しない。

予防は各自の責任ということです。


2.ガンが再発した場合には、命に関わる問題となり、命を落とす人も多いようです。

ガン予防の条件は、「自然の摂理に逆らわず、免疫力を高い状態に保つ。」ということだと思います。

ガンの原因が炎症であることを踏まえると、炎症の要因となるウィルスの除去、ストレスによる胃腸の炎症、暴飲・暴食をやめ、自然の摂理に反しないことです。

特に、知らずの内に免疫力が下がってしまうストレスには要注意です。


これには、運動・食事・音楽療法の三位一体で自然の摂理に順応することをお勧めします。

例えば、生命体の重要な要素の一つが振動(周波数)です。人体・細胞は振動しています。

健康体・健康な細胞は、地球の周波数・振動に調和しています。

音楽の周波数でこれを調律することが可能です。

私は、これでストレス病を克服しました。




前置き

人間には、免疫力=自然治癒力、回復力が備わっています。

ゆえに、あなたがミスを犯さなければ、常日頃 気分爽快 頭も早回なはずです。

免疫力が正常に機能していれば、ガン細胞は増殖できないはずです。

そのミスとは、自然の摂理に反した生活習慣・食生活の乱れ、そして不十分な脱ストレスなどです。

要は、暴飲・暴食・睡眠不足・過労等による蓄積した無理が祟ったということです。

音楽の情報(振動)は、電気信号に変換されて脳まで届き、逆ストレスとして認識されると思います。

つまり、ストレスでたどった道を逆戻りすることになるのではないでしょうか?

HM

リラックス・サンセット風景 ハワイ

感情、ストレスとガン 癌との関係

近年、感情並びにストレスが、ガン 癌の発症につながっているのではないかという研究が増えています。

英国ロンドンの自然療法医であるレオン・チアトウ,N.D,D.O.によれば、下記の通りです。

「心理的・情動的に変化が起きると、しばしばストレスが発生し、アドレナリン・レベルの上昇、ホルモンの変化、免疫力の低下という結果になります。

通常の場合には、身体が適応し、普通に戻るまでのこの一時的な状態の間も機能し続けます。


しかし、ストレスがひどすぎるか、または慢性的になると、ガン 癌を含む重病の危険性を増加する環境を作り出し、身体の中で化学変化が起こります。

さらに、(ストレスによる)アドレナリン・レベルの増加、ホルモン・バランスの乱れ、免疫機能の喪失はすべてガン 癌 形成の要因となります。」
[Alternative Medicine, p565]


「長期的ストレスを受けた実験室の動物は、コルチゾール(ストレス・ホルモン)のレベルを上げ、その結果、白血球の数が減り、全身のリンパ組織が委縮した。」(The Wisdom of Healing)

つまり、動物実験では、長期的なストレスで免疫力(白血球の減少とリンパの委縮)が落ちたということです。

そして、リンパの委縮=恒常的な免疫力の低下です。



悩み事、心配事、ストレスの多い人は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどにかかる人が多くありませんか?

私の叔父も胃がんで50代で他界しましたが、心配事+酒の飲みすぎが目につきました。


また、お金の心配をする人にがんの発症率が多いように感じます。

数年前に、食道がんで手術をした知り合いも商売がうまくいかなくなり、お金の心配をしていたようです。

金は天下も回り物。お金の心配はほどほどに。

残念ながら、この人は2回目の入院治療の後、60代で帰らぬ人となりました。

ご冥福をお祈り申し上げます。


ガンなどの予防には日頃からストレス対処を心がけることをオススメします。

ストレス対処には、音楽療法が役立ちます。

ガンの再発:

8/19のテレビで盛田幸妃氏が脳腫瘍の再発を数回していることを知りました。

術後に生活習慣・食生活・考え方の改善をしていないのではないでしょうか?


ガン細胞は自分の細胞です。(医師から聞いています。)

がん細胞は、カラダの中で毎日出来ています。

免疫細胞が正常な働きをしていれば、ガン細胞は自然に消滅します。(マクロファージ等が食べてしまいます。)

再発するということは、生活習慣・食生活・考え方が悪いのではないでしょうか?


ガン細胞は、自ら作り出しています。

すべて自分の責任です。

自分にすべての責任があることを自覚した時に、はじめて予防ができるのではないでしょうか?

余命6ヶ月の末期ガンの宣告を受けて、奇跡の生還を果たし、9年後の今もゴルフをしている人の話は下記の通りです。


6ヶ月間の入院治療中は、抗癌剤の影響で食べられなくなるので、体力をつけるために、自宅から食事を運んでもらったそうです。

退院後も生存確率は一割ぐらいだったそうです。

そこで、生活習慣を改めたそうです。

深酒をやめ、二次会へは行かず、必ずその日の内に寝ることにしたそうです。


【 音楽療法の利点 】
音楽療法の利点
1. 深部脳に直接アクセス

2.リズムとテンポの同調作用でリラックス

3.伝達経路が同じストレスと相殺

60代のその人から、ガンになった人へのアドバイスは下記の通りです。

1.気持ちを強く持つこと。

2.なるべく健常者とつきあい、一人で落ち込むような状況をなるべく作らないこと。

その人は、なるべくゴルフ場へ来て、普通にプレーすることを薦めていました。



ゴルフに限らず、何か楽しく没頭できる趣味を持って、毎日楽しく生活することではないでしょうか?


気が付きましたでしょうか?

この方は、主に精神面を強調されています。!

ガン細胞は自分の細胞なので、物理的には同等です。

つまり、勝敗を分けるのは、精神面、気持ちの差だけが頼りということではないでしょうか?


笑いも免疫力を上げます。  「ところが、がんになると笑えなくなる。」とのことです。

笑い飛ばしてガンを克服したという人もいます。


ガンで一命を取り留めた二人が一緒にプレーした時、「ナイス・ショット、とてもがん患者とは思えませんなぁ〜」と笑い飛ばしていました。


ちなみに、大きな手術を受けた人は、免疫力が落ちます。

一般人よりも、もっと自分のカラダをいたわらなければなりません。

盛田幸妃さんも自らの過ちに気づいて、生活習慣・食生活・考え方を改善して、長生きしてください。


食事・運動・音楽療法の三位一体をお勧めします。


その理由は下記の通りです。

1.我々の状態に大きな影響を及ぼす2大要因は、「遺伝子」と「環境」です。

A.遺伝子は基本的に変えられません。

B.環境を変えるのもかなり大変です。

例えば、仕事を変える、住居を変える、人間関係を変える等々は大きな環境の変化ですが、大きな代償を払います。

生活習慣・食習慣は大きな代償を払わずに、個人の意思のみで変えられます。

ここで忘れてはならないのは、心理的・無意識状態で食欲中枢を刺激し、暴走に走らせるストレスの存在です。

音楽療法CDをBGMで流しておくと、ストレスの蓄積を軽減し、結果として暴飲・暴食等の衝動的暴走の鎮圧に役立つからです。


ガンになる原因

追伸:「大部分の場合、ピロリ菌の存在がが胃潰瘍に関係しているという事実があります。

抗生物質でこの菌を退治した場合に、90%以上のケースで胃潰瘍が治ります。・・・

世界の人口の約5割の人が消化管にピロリ菌が存在しますが、胃潰瘍を発症するのは、わずか10%〜20%です。」

出所:Perfect Heaalth, Deepak, Chipra,M.D.(医学博士)


結論:ピロリ菌が胃潰瘍の原因だとすれば、世界の人口の約5割が胃潰瘍を発症するはずです。

ところが、発症するのはその約3分の一です。

つまり、ピロリ菌=>胃潰瘍の因果関係は100%ではないということです。


妥当な仮説は下記の通りです。

1.胃潰瘍の原因は炎症である。

2.ピロリ菌が存在すると炎症が起こる。炎症はその他のウィルス・飲酒・暴飲・暴食でも起こる。

3.免疫力が正常に働いていれば、免疫細胞の働きでことなく炎症が治まる。


下記の説が正しいのではないでしょうか?

つまり、テロメア説ないしは、P53説に基づく、細胞の突然変異でがん細胞が出現する。

その要因はた度重なる炎症で細胞が傷つき、修復の限度を超えた場合である。


ガンになる原因は、下記の2つの説が有力です。

1.テロメア限界説:

2.P53自爆因子:


1.テロメア限界説:

人間の細胞は分割を繰り返すことで生き延びます。


ただし、細胞の末端にあるテロメアだけは複製されないため、細胞分割するごとに擦り切れ、細胞分裂できる回数に限界があります。

この説によれば、人間の場合には11の2乗=121がテロメアの限界と考えられ、人間の寿命は121歳だということです。(南雲吉則医師による)

炎症等々で細胞が傷つくと細胞分割の回数が増えるので、予定よりも細胞分裂の限界に早く到達してしまいます。

テロメアが限界した際に突然異変が起こり、”同じようにテロメラーゼをもって「無限に分裂を繰り返す修復細胞」が現れるのです。

その救世主の名を「ガン」といいます。”(50歳を超えても30代に見える生き方、南雲吉則医師著)

テロメアの制限を受けないので、爆発的に増殖できるというわけです。


2.P53自爆因子説:

細胞は、外敵の侵入等々の戦いで傷ついた場合に内蔵されているP53自爆因子で自爆するようにプログラムされています。(ディーパック・チョップラ米国医学博士)

これは外敵を攻撃する時に使うものと同じものです。

ところが、突然に傷ついた細胞が自爆せずに永遠に生き延びようとする細胞があわられる、これががん細胞です。

傷ついてもP53という自爆因子を使わないので生きながらえるというものです。


結論:上記の2つの説は両方とも正しいと思います。

いずれにしても、がん細胞はみずからの細胞であり、突然変異で生まれた寿命がない化け物細胞です。

これは、正常範囲を超えて、細胞が傷ついてダメージを受けたことが要因です。

細胞が傷つく要因は、ウィルス等々の外敵の侵入、喫煙等による炎症、生活習慣病による動脈硬化などです。

さらにストレスも細胞を傷つけます。


抗癌剤

私もサラリーマン時代に世界第二位の医薬品メーカーに勤めた経験があり、その会社でも多数の抗癌剤の許認可を受けていました。

当然ながら、新薬の情報・効能効果・副作用等々の情報は競合他社も含めて回覧され、それを読むのが義務でした。

話す相手もほとんどが薬剤師か医薬品開発の研究者でした。


ところで、抗癌剤でガンが治ると思っていませんか?

残念ながら、抗癌剤はその名前の通り、ガンに対抗するお薬です。

つまり、ガンの増殖を抑えるものです。


抗癌剤でガンの増殖を抑えている間に体内の免疫力でガンを退治するというやり方です。

ここで難しいのは、ガンは自分の細胞であり、健康な細胞と全く同質なので、化学的な識別が困難だということです。


さらに、免疫細胞も自分と同質のガン細胞を敵とみなさず、ガンが同化してしまいほとんど攻撃・撃退しないということです。

抗癌剤は、負け戦の時の空爆のようなもので、ガン細胞が猛威をふるっている箇所を敵も味方も全滅にするというやり方です。

従って、抗癌剤を使えば、当然ながら免疫力が落ちます。

そして、最終的にはこの自分の免疫力(マクロファージ等)でガン細胞を退治しようとしています。

結論を言えば、免疫力を高く保つことが抗癌剤を使う場合に求められるということです。

体力と精神力がどこまで持つかという「薄氷を渡る思い」「肉を切らせて骨を切る」といった非常に微妙な戦いという構図です。


瞑想して、ガン細胞を自分の免疫力(マクロファージ)で食べるイメージを毎日行なった結果、小さなガンが消えたとドン・キャンベル氏は「モーツアルト効果」の本の中で語っています。


自分の免疫細胞に、ガン細胞を敵とみなして攻撃させる一助になると思います。


他人任せ、お医者さん任せでは心もとないと思います。

たくさん食べて体力をつけ、散歩をして、そして音楽療法で心地よくリラックスした状態を保つことをお勧めします。


Anita Moorjaniの奇跡的な回復

奇跡的、うそのようなAnita Moorjaniのお話!

2006年に香港在住インド系のAnita Moorjaniがガンの末期的症状(ステージ4b)でこん睡状態となり、香港の病院に担ぎ込まれました。

担当医の見解ではもはや手の施しようがなく、おそらく今晩を乗り越えられないだとうとの診断でした。

Anitaによれば、この時NDE(臨死体験)となり、こん睡状態で生死をさまよい、”あの世か現世かの選択をせまられ、現世に戻る選択をした。”とのことです。

この時、現世に戻れば癌細胞が消えてなくなるという確信があり、現世に戻った。翌日彼女はこん睡状態から目が覚めた。

その後数週間でがん細胞が消えてなくなり、数か月後で退院し、約半年後には普通の生活にもどったと彼女の本に書いてあります。("DYING TO BE ME," Anita Moorjani)


ヒーリング力が働いたとしか考えようがない出来事です。


個人的には、P53の自爆遺伝子が働き始め、がん細胞が自爆して行ったと推測します。

つまり、遺伝子のスイッチを切り換えられれば、神がかりのヒーリング力が働くような気がします。


臨死状態になると遺伝子が初期状態にリセットされるという考え方があります。

問題は、どのようにすれば、臨死体験までせずに、遺伝子のスイッチを切り替えられるかだと思います。 彼女のサイト: www.anitamoorjani.com



【 安心・安全 】
プロの目で選別
1. プロの目で選別

2. 苦節12年の研究成果に基づく万全・最適な(極秘)使用解説書とご注意事項の添付

だから、安心・安全です!

チャクラ・スイートガン患者の免疫力を上げる目的で使ったことはありますか?

Q1.お客様からのお問い合わせ:

チャクラ・スイートをガン患者の免疫力を上げる目的で使ったことはありますか?

A1.ガン細胞は自分の細胞であり、ミスを犯さなければ、ガン細胞は増殖しないはずです。

お金の心配をし、思い悩むと免疫力が落ちて、大体病気になります。


不健康な食生活、運動不足、過労等々、免疫力が落ちた原因を究明しなければ、免疫力が正常に働き始めることはないでしょう。

すべてが揃わなければ、免疫力は正常に機能しません。

精神的な苦痛、不快感等々のストレスを緩和し、必要条件の一つを満たすことはできると思いが、十分条件ではありません。


薬事法に基づき、下記のコメントは、医学的な見解ではございません。

多数の医学文献は参考にしておりますが、医学的に立証された見解ではございません。


もし私がガンになったら、まずはお医者さんで最新治療を行いながら、(音)環境と(食・生活)習慣を変えます。

そして、十分な休養・睡眠を取り、リラックスして養生します。


つまり、お薬等でガンの増殖を止めておく間に、免疫力が働き始めるように、運動・食事・音楽療法の三位一体を実践します。

そして湯治にも出かけるでしょう。

要するに、リラックスして血流の改善+省エネ、血液の質の改善、そして免疫力アップのための(下半身)筋力アップ+保温です。


Q2.お客様からのお問い合わせ:

肺がんで闘病中です。現在は治療を終え仕事に復帰しています。

副作用や低体温、左遷。食欲もなく、眠りも浅い・・・。


A2.これは自分は何も変えずに(原因は取り払わずに)同じ過ちを繰り返す典型的な例です。

私の知り合いも同じようなパターンで命を落しました。


間違いその1.)がんになった=神に見放された=自然の摂理に反した=生活習慣・食習慣・考え方等でミスを犯した結果です。

つまり、その原因=まずは生活習慣・食習慣・考え方等を変えることが先決です。


間違いその2.)免疫力を上げる必要がある。

低体温になると免疫力が低下します。確か、体温を一度上げると免疫力が30%上がるといわれています。


「食欲もなく、眠りも浅い」=死の階段を転がり落ちるときの症状です。

食欲=(性欲)=生欲(生きる力)につながります。

食欲がなくなると体力が落ち、それに連動して気力も落ち、ガン細胞に立ち向かえなくなります。


左遷=考え方が間違っていると思います。

「良かった、神様からの”少し休養してなさい”」というメッセージだ。ありがたいと思うべきです。

生死の境目であり、むしろ転職・転属・病気療養のための休職=環境の改善を目指すべきです。


命を取るか仕事を取るかの二者択一になると思います。

間違いその3.)薬で解決できる。薬でガンが治ったと思っている。

残念ながら、この考え方は誤りです。


お薬は、負け戦の時に空爆=皆殺しであり、ゼロ=痛みわけにすることはできても勝ち戦にすることはできない。

お薬は、敵味方を皆殺しにしたあとに、免疫力が働き始めてプラス=免疫力優勢=勝ち戦になるまで手助けするというものです。

つまり、自らの免疫力が働き始めなければ、ガンは治らないということです。


その理由1.)ガン細胞は自分の細胞である。=同質のものである。

つまり、手術等で摘出する、放射線で直接当てる等以外、薬=化学物質で同質のものを区別するのはほぼ不可能である。


そのため、抗ガン剤=ガンに対抗する薬は、良性の細胞にもダメージを与える。

従って、抗ガン剤等によるガン治療の原則は、「途中でやめる、最後までやらない。」とお医者さんから聞いています。

私のお勧めは下記の通りです。

1.環境の改善=転職・転属・病気療養のための休職を考える。まずは、健常体に戻してから、次の人生設計を考え直す。

2.生活習慣・食習慣・考え方等を変える。

そして、十分な休養・睡眠を取り、リラックスして養生します。

その過程で、食事・運動・音楽療法の三位一体が役立つと思います。


間違いその4.)再発したらまた同じ治療で解決できると思っている。

残念ながら、同じ手は二度通用しないと思います。

その理由は、薬に対する耐性です。

薬は最初が一番効き、その後はだんだん同じ薬では効かなくなります。

つまり、再発した場合には、薬の量を増やすか、もっと強い薬にするかしないとダメだと思います。

抗ガン剤は、副作用が激しいので、二度目はなかなか・・・。

「生きていれば、チャンスはまた来る!」私はそう思っています。

少しむなしい感じですが、お大事にどうぞ!


Q3. 母が末期がんで闘病しています。母が良くなることをイメージしようと思っています。ブレインパワーを聴きながらイメージするのは良いのでしょうか?

A3. おそらく遠隔ヒーリングを試そうとしているのだと思います。

マーフィー博士の本で遠隔ヒーリングのことは読んだことがあります。

これは極一部の限られた才能の持ち主にしかできない偉業だと思っています。


現実問題、上記の説明の通りがん細胞はお母さんの体内にはびこっています。

物理的にガン細胞をやっつけるのであれば、遠隔ではなく直にお母さんのカラダに作用すべきです。


お母さんの免疫細胞を活性化させるのであれば、お母さんご自身が瞑想ないしは音楽療法CDを聴きかがらガン細胞が消えていくイメージ(またはマクロファージががん細胞を食べて処理するイメージ)をすると良いと思います。


そのうえで、あなたがお母さんと一緒に瞑想しながら同じイメージをするとサポートになるようなことをマーフィー博士の本で読みました。

あくまで主体は当事者のお母さんです。


瞑想CDないしは癒しの音楽療法CDをおすすめします。

ブレインパワーは脳力系なので、今回の場合には適しません。


追伸: 真実:お母さんが自然の摂理に反しなければ、ミスを犯さなければ、おそらくガンにはなっていないでしょう!

つまり、お母さんの生活習慣・食習慣・考え方等を変えない限り、根本的な解決にはならないと思います。

お母さんを救えるのはお母さん自身です。

残念ながら、あなたができることは非常に限られています。


お悩み4. 高齢の両親ががんになりまして、・・・

特別なお勧めがありましたら、・・・。


A1. そうですか、ガンの原因が”炎症”だということを考えるとご高齢の方の場合にはがんのリスクが増大します。

天命と考えて、普通の生活をし、旅行や湯治などをお勧めします。

ご高齢であればガンの進行も遅いので、お薬はお医者さんと相談の上、痛みなどを抑える程度で・・・。


既に”ガン”ということですと「焼け石に水」だとは思いますが、↓下記の音楽療法入門セットをお勧めします。

特に、シャングリーラのチベット・シンギング・ボールの音色が細胞を活性化してくれると思います。

個人的には、ガン予防のつもりで、私は毎朝このシンギング・ボールの音色を聞いています。

お大事にどうぞ。


音楽療法CD入門 3枚セット USA

S8061 シャングリ-ラのシンギング・ボール CD 写真 S8048 ディープ アルファ 音楽療法CD 写真 S8084 ディープ シータ 2.0(第二弾・「東洋」楽器版) 音楽療法CD 写真
これから音楽療法を始めたい方のために、最適なCDを選んでみました。
シャングリ-ラのシンギング・ボール + ディープ アルファ + ディープ シータ2.0(第二弾・「東洋」楽器版) CD3枚で、税込6,200円也。


ψ 善は急げ!      ストレスで脳にこびりついた「わだかまり」を音波で洗い落しましょう!  頭すっきり そして 気分爽快 あなたもそうかい?(ダジャレ 笑顔)

音楽療法CDでいやす! イェー〜イ
ストレスで脳にこびりついた「わだかまり」を
音波で洗い落としましょう!

ご注文 ↓@購入数▽を選び Aかごに入れる クリック↓

商品番号 商品名 単価 購入数
SET614884 音楽療法入門セット CD3枚 6200円
cart○-- ご購入/【買い物かご】に入れる --○

↑@ご購入数▽を選び A【買い物かご】に入れるをクリック↑



ガン予防

一般的にガンになる前の未病の期間が数年間あるといわれています。

つまり、時間的余裕という観点からいえば、ガンを予防する時間は十分にあるということです。

無理・無茶・過労、ストレスによるマイナス思考、暴飲・暴食に気をつけましょう!

食事・運動・音楽療法の三位一体に加え、ストレスに強い考え方を身につけましょう!


癌になってから治療するのはどうも分が悪いと思います。

従って、ガン予防が最善策だと思います。


残念ながら、今の医学にはガン予防というコンセプトはありません。

検査結果でガンが発見され、「ガンという診断が下されてから」、ガン治療が始まります。

例えば、上記のようにガン治療で一度はガンが治まったケースでも「リンパ節に転移しているため、再発の可能性が高い」状態でもこの時点では治療は行いません。

「ガンが増殖を始めたら、再度治療する。」=「事が起きてから対処する」=「つまり、現代医学では予防はしない。」ということです。


テロメア説にしろ、P53自爆因子説にせよ、原因は長年の無理が祟ったものです。


新開省二 医学博士によれば、「遺伝子が何らかの原因によって傷ついてから、はっきりした”がん”になるまでには、二十〜三十年かかるという説がある。」とのことです。

つまり、特に、働き盛りの三十代、四十代で仕事を載せられ、数十年間無理をして五十代、六十代で「ガン」になるという計算が、なぜかしっくりきます。

五十代、六十代の男性が特に危ないと思いますが、その発端は、三十代、四十代での無理が祟ったものだと思います。


1.喫煙による炎症。

2.暴飲・暴食等が起因する動脈硬化等による血管の炎症。

3.長年の過労・寝不足等による無理・無茶による免疫力等の低下。


これらの背後で見え隠れするのは、実はストレスの蓄積です。

例えば、ストレスは食欲中枢を刺激するため、暴飲・暴食のきっかけになります。

ストレスが溜まるとタバコをすって、リラックスしたいと余計に思います。

過労・睡眠不足、ストレスの三点セットは、生活習慣病の原因となります。


ガンになってからお医者さんのお世話になって、手術したり、抗癌剤を服用しても苦痛を味わった挙句に、命を落とすことがしばしばです。

結論としては、タバコをやめ、無理をせず、十分な睡眠を取り、健全な生活習慣に励み、さらにストレス対処を心がけることです。

ストレス対処には、深部脳を直接癒す音楽療法も加えることをお勧めします。


というか、音楽療法等でストレス対処することは、最低限の自己防衛策だと思います。

会社で「危機管理」云々と言われませんか? あなたは、ご自分の命の「危機管理」ができていますでしょうか?



私は、ガンも生活習慣病だと思っています。

腫瘍となって発見される早期のガンも実はその数年前から兆候が出ているそうです。

つまり、ガンになるまでには少なくとも数年間はかかるということです。


実は、私も最愛の愛犬を原因不明の病気で亡くしました。

原因がわからず、ガンかもしれない・・・の状態で、めくら撃ちのステロイド+抗生物質を1ヶ月以上行いましたが、帰らぬ犬となりました。

病中、他界後にいろいろ考えると、チーズ・アレルギー+アルファによる慢性の胃腸炎?だったのかもしれません。

最後には、感染症で慢性の胃腸炎が悪化し、・・・。


原因は食生活が悪かったのだと思います。

肉ばかりで野菜は一切食べていませんでした。

カルシウムを取れせるべく、チーズを与えていました。

慢性的な炎症だった?ので、おそらくガンの前段階だったと思います。


ステロイドは副作用がひどいので長期間使えず、通常は数週間が限度です。

その間に、食事は少し完全したものの、相変わらず野菜はほとんど食べず、チーズをやめても焼け石に水。

間違った食生活を5年近く続けたつけは、数週間では取り戻せませんでした。


結果はどうあれ、生活習慣病は改善しなければならないと思います。

頑張ってください。 ご朗報を祈っています。


最愛の愛犬を亡くした精神的苦痛は想像以上です。

肉親の死でうつ病になる人がいますが、その気持ちは痛いほどわかります。

私の愛犬は私を癒すために神から授かり、私の心身の傷が完全に癒えたので、使命を全うして天に戻っていったのかもしれません。

つまり、私に自分を変えてもっと社会に貢献させるために、世の中に出て行くように安住の愛犬との生活を奪われたと感じております。

あの世でまた会おう!



小林麻央さんのガン

乳がんという話なので、大したことないや・・・

ところが、ブログの写真を見たら、かなり悪そう・・・

ちょっと調べたら、レベルIVで骨に転移・・・


癌の場合には、病気になってから対処するのでは分が悪い。

つまり、ガンにならないように日頃から、良い生活習慣・食習慣、正しい考え方を心がけることが大切だと思います。

癌細胞は自分の細胞であり、外から入ったものではありません。

ゆえに、自分の体内の環境が悪いということです。

癌の場合には、特に後悔の念、自我を抑えすぎ(良い子になり過ぎ)が関係しているといわれています。

つまり、我慢のし過ぎです。自分を抑えすぎ。

もっとわがままになって、もっと自由に行動、発言、生きることが必要だと思います。


少し羽目を外しましょう!

小林麻央さん、頑張ってください。というより、もっと自分に正直にわがままを言いましょう!

もっとわがままに、自分のやりたいことをやる。

この考え方、生き方ができるようになれば、回復に向かうと思います。


ご冥福をお祈り申し上げます。頑張りましたね。仕方がありません。


Be honest to your true self, next time!  HM


瞑想のススメ

瞑想をする人は、しない人に比べて健康状態が良いという調査結果が出ています。

Dr. Orme-Johnsonの瞑想者2千人によるデータは、下記の通りです。

瞑想者が外来で治療を受けた頻度は、そうでない人に比べて:

I.46.8% 少なかった(19歳未満の子供の場合)

II.54.7% 少なかった(19歳以上-39歳まで)

III.73.7% 少なかった(40歳以上)

さらに、瞑想者は、

IV.87.3% 心臓病による入院治療が少なかった

V.55.4% 良性・悪性のすべてのタイプの腫瘍による入院治療が少なかった

(出所:Perfect Health, Deepak, Chopra, M.D.)



「酸素が低下した状態でがん細胞が活発に活動することがわかってきた。」(「音はなぜ癒すのか?」、ミッチェル・ゲイナー(医師)著、無名舎)

緊張、交感神経優位の状態で呼吸が浅くなり、体内の酸素が低下した状態になります。

つまり、副交感神経優位の状態=リラックスした状態で深呼吸をする=瞑想の状態が良いということになります。


癒しの音楽療法CD 3枚セット

s8003 音楽療法CD 写真s8002 音楽療法CD 写真s8000 音楽療法CD 写真

オーシャン スイート音楽療法CD、クリスタル ボール ヒーリング音楽療法CD、チャクラ スイート音楽療法CDの3枚です。


コンサルティング部門

素人養生(食事編=ハード面) 門外不出 病み上がりの人の必読書(くるみ製本、冊子)


日本成人病予防協会 一般健康管理士指導員 認定証の代用(一部破損で美的損傷のため)

人物写真 updated on 2017年2月20日

音楽療法 QLE.co.jp
森田 洋
日本成人病予防協会 一般健康管理士指導員

お医者さんもヒーリング・パワーを認めています!

ご参考まで:

スタンフォード大学のディビット・シーゲル博士の研究結果です。


「彼は進行乳ガンの女性たちを二つのグループに分けました。

一つのグループは、最善の医学的処置を施されていました。とはいえ、進行が進んでいたため、できることはわずかでしたが。


もう一つのグループは、同じ病気になったことについて、週に一度座って語り合いました。たったこれだけのことが驚くべき結果をもたらしました。

二年後、長期間生存している患者は、全員後者のグループの人たちでした。

最終的には、自分の気持ちを話し合わなかった人たちの生存率は、後者に比べて半分という結果になりました。

つまり、自分の感情に向き合うことのできた女性は、鏡の中に映る景色を変えることができたのです。・・・」

(出所:「人生の本質」、ディーパック・チョップラ米国医学博士著、ダイヤモンド社、385ページ)


感情の発散が身体に与える影響=ヒーリング・パワーの一例です。

あなたは最新医療だけで満足していませんか?

感情の発散=心のケアも大きな武器になることを忘れていませんか?



ストレス対処に下記のことを試してみませんか?


1.ストレスをストレスとして受け止めない考え方:

嫌なことがあっても、「天のさばき」にゆだねましょう。

「悪いやつには天罰がくだる。今に見ていろ。」

「待てば、海路の日よりあり。」

などと常にプラスに考え、なるべく怒らないようにしましょう。


「金は天下の回り物。」

「金と女は追えば逃げる。」と昔からよく言われています。

金を欲しがリ過ぎると悪循環に落ちいるということではないでしょうか?

一般的にお金が余っている人にお金があつまりますね!

腹は減ってもつまようじ。


何があっても、普段通りに平常心で振る舞いましょう。


「分かっちゃいるけどやめられない。」ですね!私にも経験があります。

2.リラクゼーションの薦め/ススメ:

常にリラックスを心がけるとあまり頭にこないことをご存知でしょうか?

平常心を保つためには、心身ともにリラックスした状態に保つことが必要ですね!

リラクゼーションを体質にすることをオススメいたします。

下記のようなCDを毎日のように聞くことで、リラクゼーションを体質にしましょう:

ブレインシンクCD bs054 ブレインシンク bs062 ブレインシンク bs038
病院でも使われているブレインシンク USA セラピーセット

ブレインシンクは、アメリカで最も格調高いガン治療病院、Memorial Sloan Kettering and Dana Farberで患者さんに提供されています。

眠くなるδ/デルタ波、リラクゼーションのシータ波やアルファ波と音楽の組み合わせです。


8000 チャクラ・スイート 音楽療法CD
チャクラ・スイート音楽療法CD USA 

七つのチャクラを刺激する音階が意図的に使われています。

Luci、Trinityなどの雑誌で紹介されています。音楽療法。


7862 セレニティ・スイート 音楽療法CD
セレニティ・スイート音楽療法CD USA
 

音楽と鳥の鳴き声などの組み合わせです。

森林浴をしているような清清しい感じの音楽です。音楽療法。


別の音楽療法CDを見る↓

ディープJN ヘミシンク 眠り
メディテーション スーパー睡眠
サーフ
睡眠 瞑想 リラックス 快感
インナーピース クリスタル オーシャン 音錬金術
リラックス 3枚セット 音マジック3枚セット



運動 食事 音楽療法 三位一体 ストレスとがん 音楽療法は自然科学 理論的背景
慢性疲労 ストレス疲労 不定愁訴 更年期障害 心臓 ガン 肥満 ダイエット 記憶障害 ADD
飾り罫線
音楽療法 QLE Top Page
音楽療法 QLE.co.jp
飾り罫線

音楽療法 QLE ロゴマーク
音楽療法 QLE.co.jp

満足度 ∞

人物 写真
気分爽快 頭も早回 貴方もそうかいですか?
          音楽療法QLEはあなたの問題解決のサポートをします!

☆このホームページ[http://www.QLE.co.jp/]はリンクフリーです。

Quality Life Express, Inc
音楽療法 QLE.co.jp
E-mail:webmail@QLE.co.jp
Copyright 2002-2017 (有)クオリティ ライフ エクスプレス All Rights Reserved.
東京都台東区三ノ輪1-26-10 Tel: 03-5824-3670 Fax: 03-5824-3699
ヘミシンク ®USA正規ディーラー
ブレインシンク ®USA正規ディーラー
インナーピース ®USA正規ディーラー
TKシリーズ USA正規ディーラー
日本成人病予防協会 会員
社団法人 上野法人会 会員

音楽療法 QLE.co.jp スマホ・サイト http://www.QLE.co.jp/s/

音楽療法とは 音楽療法 と鑑賞の違い
サイトマップ sitemap 健康管理 メンタル ストレス 音楽療法CD ヘミシンクCD 店内 検索 ヘミシンク セット 音楽療法CD 試聴 ヘミシンクCD 試聴
音楽療法 QLE Home 音楽療法 左脳編 初めての方
クリック!
健康
脳力 活性化
半健康
ストレス 癒し
ご病気
補完
ヘミシンク
メタミュージック
ヘミシンク
マインドフード
メンタル 右脳活性化 うつ 記憶力